2014年05月02日

シーメンス社、IDECスマートリレーの解説

LOGOi入門No01

はじめに

私が初めてPLC(プログラムコントローラ)に出会ったのは
今から20年ほど前にドイツのシーメンス社が販売していたLOGOiと言う商品です。
現在は日本のIDECが国内製品を販売しています
内容は同じ物なのでシーメンスと互換があります。

私はパソコンは古くから使っていますが、プログラムが出来ないので
すべて外注していました
でも簡単な制御は半田付けをして回路を組み立てましたが
少しシステムが多くなると大変な作業です
そこで活躍したのがPLCです
メーカーが提供しているソフトを使ってパソコン画面で回路を組み立てて
回路に間違いが無いかはシミュレーションできるのです
問題が無ければPLCにプリグラムをロードします
同じシステムを作る場合はコピーだけなので非常に便利です





これまでにこの商品を紹介した人達はその便利さに驚いています
が、しかしもう20年も経つが
ネット上で使用方法や事例がありません
理由は業務用と言うこともあり
趣味に使うには少し高価なのかも知れません
でも製作の時間や修正のことや
そして使わなくなればPLCの流用がきくので価格相当の価値はあります
ちなみにPLC本体は1万円から、プログラブは5千円程度で買えます

パソコンを買った時に取扱い説明書を見る人は少ないと思います
(アプリの説明は見ます)
このPLCも本来はロジックを理解してないと難しいのですが
そんなものは使いならが覚えれば良いのです

実際の品物はこんな形をしています
詳しくはメーカーページを参照してください。
logo01.jpg


まずはIDECのページでスマートリレーのプログラムの体験版をダウンロードしてください
そして最初は電車の信号機が左右交互に点灯する回路を作ります


私は体験版は使った事がないので詳細は不明ですが
たぶんパソコン上での設計は問題なくて、端末機器へロードできないだけのような気がします。


<手順1>
最初にプログラムを起動すると
このような素っ気無い画面です。

top1.jpg



<手順2>
ファイル→新規→ファンクションブロック図を開きます
1,2の電池消耗試験は無視してください
(以前に作成したプログラムが表示される)
無題2.jpg



<手順3>
回路の入口までと出口からはPLC以外の分野なので個人の使い方で決まります
どのような場合でもスイッチ入力「I」を入力にして回路動作出力「Q」は必要なので
一番左にある「Co」をクリックすると作画画面下にI C S hi Q X M AI AQ AMと出ます
(個々の説明は今回はしません)
「I」がinput(入力)のI、Qはquit(出口)のQです

下の列から「I」をクリックして作画画面をクリックすると「I」のブロックが配置されます
同じように「Q」をクリックして作画画面をクリックすると「Q」が配置されます
無題4.jpg


一番左にある両端に矢印の付いたツールを選択してブロックの右をクリックしながら
次のブロックの左端でマウスを離せば接続が完了します
無題14.jpg

ブロックの中に串のような絵が描いているのがパルスの意味です
これをWクリックすると表が出ます
左の数値は秒数、右が1/100秒です
1.5秒の場合は01:50と入力します
上の表がパルスONの時間で、下がOFFの時間です
点滅が同じタイミングであれば上下とも同じ数値にします
無題13.jpg

ブロックの接続とブロックの数値入力が終われば完了です
ではテストを行います
右端のツールでハサミの下のツールを選択します
すると表の下の方にスイッチと電球のアイコンが出ます
スイッチをマウスで押すと電球が点滅します
そして動作ONの時の線路が赤で表示されます
無題15.jpg

たったこれだけの事を半田で作業すると大変ですがLOGOiだとあっと言う間に完成します

posted by booboo at 15:02| Comment(0) | LOGOi(スマートリレー)