2015年07月27日

LED LED照明の製作

会社も全ての照明にLEDを使っている。
事務所はもちろん、作業用LED照明も30個ほどあります
しかし、作業用はポツリポツリと故障している
原因はLED内部の電源回路のようで(中国製)、LED自体は壊れていない
私はこのLEDをもらったので家の照明として使えないか調べました
定かではありませんが、秋月電子のパワーLED25Wクラスがこれに相当するのではと
駆動回路を作りました
LEDの25Wはかなり明るいと思えるので調光もできるようにしました

LEDの光量調整は電流値だけで行うとかなりの発熱とパワーロスが発生するため
PWM方式で点灯させます
PWMの回路は組んだことが無いため
下記URLサイトを参照させていただきました
http://www.kairo-nyumon.com/pwm_signal.html
電子回路設計の基礎 - わかりやすい!入門サイト

PWMのスイッチングはON抵抗の非常に少ないFETが必要です
これも今回初めて使うため先のPWMの波形を反転させる必要があるため
インバータをUN1212で追加しました
UN1212はたまたまあっただけで、普通のTRでもまったくOKです
LEDアレイの仕様を見ると34V以上の電源が必要です
でもそんな高い電圧は別途トランスを購入するしかしない
捨てるようなもので作る照明なのでなるべくお金はかけたくない
そこで使っていないACアダプターの12Vと24Vを直列にして36Vを得ました
最初なのでLEDの熱発生具合が不明なこともあり、直列に100オームを入れました
これで消費電流は80mAを切る程度です
熱を考慮しながらもっと電流を流すつもりです。

とりあえずこれで光ることは出来ましたが
直接光源を見ると目に良くないし
なにか光を分散させる物が必要です

LED調光A4図面枠.png


LED正面
P7279454.jpg

LEDの裏側
P7279452.jpg
posted by booboo at 14:12| Comment(0) | 製作してみました