2014年10月07日

電波のはなし


「電波のはなし」

私は映像音響関連の仕事はしていますが
無線とか電波に関しての業務はまったく無いので
これまで知りませんでしたが
ワイヤレスマイクの事を「ラジオマイク」と呼ぶようです。
この周波数は700Mから800M(適当な数値を記入しています)

コンサート会場の外で歌手の声を盗み聞きするのは
このラジオマイクのプロ仕様(A型ラジオマイク)なのですが
(やってはいけません)
これがあと数年で完全に使えなくなるようです
原因は携帯電話の増加でラジオマイクは他所へ引っ越してくれと言うわけです。
700Mあたりへ。
ならアンタ(携帯電話)がそこへ行けば良いだろうと言いたくなります。
けど相手はお金持ち。
ラジオマイクが引越します
引越しに必要な費用は当然、携帯電話会社が持つ。
ドコモやau等4社ほど。
ソフトバンクはパーソナル無線やICタグの電波を奪う(間違い)使用するらしい
これも電話会社が引っ越せと言いたいが、
この携帯電話が新たに使用する周波数を「プラチナバンド」と呼ぶ。
いかにも良さそうネーミングです。
それには理由があります。

そもそもこの帯域は地上デジタル放送を含め、ひしめき合っています
周波数が高くなるとアンテナが短くて済むのでハンディ通信機器にはもってこいの周波数なのです
地デジで400から500Mで15センチ
900、1Gは7センチ、2Gは3〜4センチなので
携帯電話の中にアンテナを収めるにはちょうど良いのです
しかし、現実は都会で使用すると2Gの電波はビルの陰に弱い
その半分の周波数付近がビル影に強くてアンテナもそこそこなので
非常に使いやすい周波数電波帯なのです

衛星と通信する電波は空に遮る物がないので周波数はもっと高くても良いのです
一方でFM放送以下の周波数帯は電波を出す側が長いアンテナが必要なので
移動局には不向きで、すべて固定局が使用しています

さらにさらに周波数が低い周波数は陸上では使い物になりませんが
海中を伝わるようです
潜水艦とかが受けるには良いが潜水艦から電波は出せない
かなり長い潜水艦でないと無理。
そんな訳で現実には使われない
他にデーターを載せる帯域が無いのも理由です
では潜水艦はどのような方式で陸上と通信しているか不思議になります
正解は、
通信に必要な時は海上に顔を出して通信するようです。
「クジラか!!」

(似ている!)
posted by booboo at 17:25| Comment(0) | テクニカル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: