2015年07月10日

シャープセンサーII近距離タイプ

前回、シャープ製距離センサーGP2Y0A02YK0F(距離150センチまで)を紹介しましたが
今回は同じ距離センサーですが最大80センチまでのセンサーです
GP2Y0A021YK0F
これは価格もかなり安い
使った感じは小さな物体には弱いように思えし
安定感も悪い(気がする)
レンズも小さいし。
前回の回路は特定の距離以上であれば検知する方法でしたが
今回は特定の距離範囲だけ検知する方法です
使うのはIDEC(シーメンス共通)スマートリレーです

ブロック図はいたって簡単です
002.png

入力ブロックはアナログ用入力を使う必要があります
見た目A11に見えますが、実際はAI1(Aアイ1)です
スマートリレーの入力7と8だけがアナログ対応です
と言うことはセンサーは2個しか使えません
それ以上必要な場合はアナログ入力専用ユニットを親機に追加します。

アナログ電圧を検出するブロックがこの図ではB004です
中の設定はブロックをWクリックすると表が出ます

001.png
センサーが0〜10を選んでいますから増幅率を1にすると
最大電圧は10Vになります
これでも動作はしますが今回は1V〜2.5Vの範囲を距離検出するため
増幅率を0・1にします
すると自動的に最大値は100になります
この意味は10Vを100分割して扱う意味なので0・01Vまで設定可能になります

下の表の15は1.5Vの意味です
差を5にすると0.5Vの範囲でONします
実際には1.5〜2・0Vの範囲がONになります
長さは実測18センチから12センチ程度でした

図1.png
この実験はスマートリレーが24V電源で
センサーが5Vなので78n05の回路をつけています


スマートリレーにはモニタ機能があります
現在入力されている電圧を監視することが出来ます
(左右→キー)
表示されている数値が正しいかテスターで測定しました
まったく問題なくDC電圧を表示しています

このブロックを並列に数個組み合わせるとQ1〜Q4まで距離別の出力が取り出せます
あまり早く移動する物体には不向きです
そして安定した出力を得たい場合はワンショットを維持するブロックを追加してください
(けっこうバタつく)
posted by booboo at 15:12| Comment(0) | 試してみました
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: