2015年09月18日

レーザー型センサー

以前にラジオを使った金属探知機を作りました。
ヒューヒューと鳴る音で相手がどれくらいの大きさの金属かが分かる。
なかなかの出来栄えでした。

一度、浜辺に出かけましたが真冬のため
何も見つかりませんでした
(寒い!根性がない)
なんとか10センチの深さまで検知できるのですが
実際はセンサー先端が地面に当たらないように操作するため
実質は7センチの深さ

もっと性能を上げて、深い場所を探ることが出来れば
埋蔵金も探せるかも知れません
でも、このコイルの方式では
10センチ以上は無理です
そんな時、所ジョージの番組で
隕石を探して億単位の儲けをしている海外の人(アメリカ?)を紹介していました
その人が使っていた探知機に興味が湧きました
日本人スタッフが探知機を隕石らしき物に当てて調べている時
現地の男が言った言葉がヒントになりました。
「もっと探知機を動かさないと反応しない」
これでセンサーとしてドップラーレーダーを使っていることが判明。
レーダー型はみなさん車を運転している時に気をつけている
スピード違反検知レーダーのことです。

救急車が近づいて、そして離れて行く時に
サイレンの音色が変化します
この症状は音の発生源が移動するために起こる「ドップラー現象」です
レーダーの電波も同じです
普通、船舶では発射した電波が返って来た時間を測定して
目標の距離を測定します
ドップラーセンサーは動いている相手に電波を当てて
その反射を測定する
相手が動くと電波の周波数が微妙に変化するのです
これを金属検知に使えるわけですが
埋蔵物では相手が動きません
であれば、こちら(センサー)を動かしても結果は同じです
だから隕石探しで使った検知器はレーダー型なのです
レーダーは金属も人体も検知する(たぶん水分)
問題は地面の湿った場所に金属が存在する場合に
どのような変化が得られるかです。

さっそく、日本無線製のレーダーセンサーを買いました
販売しているのは東京秋月電子です
今回の周波数は24Ghz、前回は10GHzを買いました
10Gは電波法に触れるため屋外持ち出し禁止です
しかたなしに24Gを買ったのです
本当は個人の実験に電波法とか細かいこと気にする必要はないのですが
ブログ投稿では細かい点に注意しています。


<買ったのはこれ!!>
P9099736.JPG


P9099737.JPG
マウスと比べるといかに小さいユニットかが分かります
一緒に送られてきたCD−ROMからドライバソフトを入れれば即時、使うことができます
電源もUSB経由なので楽です
電源の青LEDと物体が離れて行ったか、もしくは近づいて来たかが赤と緑のLEDで判別できる
タブレットパソコンがあれば持ち運びレーダー検知器の完成です
パソコン上の表示は上と下に接近、離反が波形で表示
横幅が移動の早さです
本来は心臓の鼓動も表示できると思いますが
この機種は細かい不要な動作を避けるためにフィルターされているので
デジタルで結果しか出力されません
あまり細かい物体の動きは検知しないようになっています
ちなみに硬貨をテープで止めて揺らすと確実に反応します
新聞紙の裏で手を動かしても反応する
よって金属や水分のない物には無反応なので宝物探しは乾いた土地でないと無理です。


posted by booboo at 17:40| Comment(0) | 試してみました
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: