2014年05月12日

第五回、回路の工夫

ロジック回路を組む上で
「間違ってはいないが、考慮した方が良い」ことは多々あります

@入力スイッチは機械式なのでチャタリングがある
人が押す場合でもスイッチの構造によってはほんの一瞬しかONにならない場合がある
このような不安定なスイッチ入力を確実なON変換する時に使用するのがインターバルディレーブロックです
(ブロック図参照)
パルスディレー.jpg

0.1秒しか入力されなくても設定した時間のパルスが出ます
設定時間はブロックをWクリックすることにより表が出ます
表の「パルス幅」は出力されるパルス幅
中断時間は「0秒」(遅らせない)でOK

A 本ブロックの他の利用方法としてリセットに使います
その例がこのブロック回路です(悪い例)
リセット悪い例.jpg

入力パルスが5回来れば出力を出す回路です
カウントブロックをWクリックしてカウント数を5にします
(実際の表現は「スレッシュホールド」になっている)
五個の出力が出た時にこのカウンターをリセットさせます
すると考えてみてください
出力した信号でリセットすれば、あっ!と言う間に処理されて出力としては使えません
カウントが5になっているのも分かりません
このような高速ループを避けるために前回説明したM出力を利用するのです
このMを使用することで回路は動作しますがシミュレーター図として早すぎて見ることはできません
そこでM出力に先ほどのインターバルディレーを入れます
ブロックの中断時間も入力するとよりはっきりと動作を確認することが出来ます
555無題.jpg

posted by booboo at 17:20| Comment(0) | LOGOi(スマートリレー)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: