2014年03月24日

デジタルカメラの解像度

昨年、Canon.S120を買いまいました
理由はこの会社では初めてのフルハイビジョン動画が撮影できるコンパクトカメラが発売されたからです。
いままではフルハイビジョンの言いながら記録フレーム数は30止まりでした
(たぶん60は技術的に難しいと思われる)
その点sonyやpanasonicはさすがに60Pは以前から販売されていました。
さて60Pを記録できるのは良いとして
肝心の静止画がどうもザラついている
100%表示ではなく50%にするとまったく問題ない
これはノイズ成分の粒子が小さいため縮小で見えなくなったためです。
このノイズの原因を問い合わせると
小さい撮像素子を高解像度で使用しているせいだと言うのです
私は思い切ってS120を売ってしまい、同じCanonのXG1を買いました
やはりノイズは少ないです
普通、ノイズは暗部で目立つのですが
この種のノイズはハイライト部で目立つのです。

このカメラを買う2年前にSIGMAのDP1と言うコンパクトカメラを買った
DP1はコンパクトでもAPSサイズの撮像素子でした。
にもかかわらず解像度はたしか3千×2千程度の少なさです。
ハイライト部のノイズはと言うと100%表示でまったく無い。
もっと言うと画像がアナログ的でなくデジタル的にしっかりしている
デジタルカメラなのでデジタルだろうと思うでしょうが
撮像素子はアナログで受像しています
取り出したデーターがデジタルなだけです。
これにはレンズ系の影響もあり、普通に100%表示で見ると
どこのメーカーもフィルム写真のような感じです。
でも縮小した時点でデジタルの引き締まった画像になります
先ほどのSIGMAのDP1は本当はもう少し高い解像度なのにカメラ内部で縮小して記録しているような?
そんな感じの画像です(けっして悪い事ではない)
その証拠にカードへの記録時間が長すぎる
このカメラの欠点はハイライトのノイズは無いが暗部のノイズがスゴイ
現行の新機種も同じ傾向にあります

今はSONYのα77を使っています
これはAPSサイズにもかかわらず6千×4千と言った高解像度です
はっきり言ってこんなサイズは不要です
処理も重たいしメモリカードは食うし、
でもフルサイズ記録モード以外に約70%サイズの記録モードがあります

普通、デジタル信号は整数倍に縮小するのが基本です
ところが先に述べたように100%の画像はキレが無いアナログ的画像のため
何%に縮小してもデジタル障害は発生しません。
70%で撮影しても撮像素子を70%使っている訳ではなく
内部で縮小処理しているのです
メーカに聞いた訳ではありませんがファインダーの撮影エリアが変化しないと言うことは
そう言うことなのです。
こうして見ると100%表示の画像はノイズも無くしゃっきとした画像になります
デジタルカメラは最大解像度の半分で使うのが良い。

続きを読む
posted by booboo at 14:31| Comment(0) | 試してみました

2014年03月31日

ThinkPadのファン修理&電池交換(?)


パソコン(IBMThinkpadT40)かなり古いXPなんですが
当時のThinkpadはいいですね。
私は2007年から5年間ほど中国で仕事をしてました
パソコンも現地で調達しました。
とは言っても中国語は使いこなせないので日本語OSを入れて
中国語OSもそのままにしておきます
(起動時に選べる)
理由は、
・修理に出す時に中国語が必要
・現地の銀行登録が中国語のソフトを入れる必要がある

使いやすく気に入っているのですが
難点はファン故障が多く、ファン故障で同じ機種の中古を買ったがやはりファンが壊れました
今は日本に住んでいるのですが
ファン交換は中古を買うほど高かったのであきらめていました
そこでファン交換ではなく、ファンそのものを修理してみました
(中国に住んでいたら部品が安く入手できるのですけど)

パソコン底のビスを外すとキーボードとパッド部が取れて
ファン(冷却部と一緒)見えます


キーボードとパッドを外すと
<このようになります>
o0540036012889490482.jpg


ファンはネジ3本を外せば簡単に取れます
ほとんどの故障原因は回転部の汚れや摩擦が大きくなり
手で回すと一時的には回復します
ファンを覆っている金具はカシメなので強引にペンチで取ります
ファンの羽は引っ張ると取れる
軸の部分や磁石部分をサビ取り潤滑剤等でふき取ります
オイルをさしてから元に組立直します
冷却部とCPUの当たる部分の白いオイル状のものはシリコングリスなので
これをふき取ってはいけません
そのままにします
これでファンは静かにスムーズになりました

o0546036412892369756.jpg


もう一つの問題は
パソコン内部の電池がなくなって起動時に都度時間設定をしなくてはなりません
この電池は3Vなので普通のボタン電池を買ってきて端子を付けて
テープで巻きました
その分大きくなったのでカードスロットの場所に電池を移動
これで復活です

※写真の赤枠四角が電池を置いた場所
赤楕円が電池の引き出しコネクタ部

XPはサポート終了ですが
私はこれでネット接続する気はありません




posted by booboo at 11:01| Comment(0) | 試してみました

2014年05月27日

夏場の水やお茶は大丈夫?

暑い季節になりました
私の部屋には冷蔵庫はありませんが階下に行けばあります。
しかしメンドクサイ!。
ペットボトルの未開封なら長持ちするが一度開封して飲むと日持ちが悪い。
そのまま放置しても翌日なら確実に飲みます
二日経つと心配しながら飲みます
三日後は飲みません(と言うより実際は飲んでしまって残らない)

そこで5月の中旬にお茶と真水を部屋に放置したらどうなるか実験しました
・水道水
・水道水の沸かしたもの
・コンビニで買ったミネラル水
・ティパックで作ったお茶
・爽健美茶
・イオン製玄米茶
・不明
これを
4日後に撮った写真です
4日目.jpg
左上がイオン製玄米茶と一番右がティパックお茶
両方とも少しカビが来ています
イオン製は悪くはありません
もちろんティパックも、
自家製お茶レベルで保存料的な物を使ってないと思われます

そして10日後に撮影したものです
左下の爽健美茶は防カビ効果があります
どうしてなのかは不明。
10日.JPG
これで真水はカビが来ない事が証明できます
冷蔵庫に入れないならミネラルウォーターが安全です。

posted by booboo at 11:29| Comment(0) | 試してみました

2014年06月30日

携帯電話(ガラケー)の非接触充電

最近のスマートフォンは充電する時に
いちいちコネクタを差し込まなくてもテーブルに乗せるだけで
非接触で充電が出来る機種があります
たしかにあの小さい穴にコネクタを差し込むのは面倒だし
壊れる率も高くなります
私の電話はガラケイなので、そんな機能はありません。
でもこの非接触を取り付ける実験を行いました

IMG_0171.jpg


薄く作られたコイルと回路がペアで売っていました
私が買ったのは980円
この電気を送る側を書類ファイルに入れて
電話用は手元の材料で携帯電話に合うように加工して回路を入れました
シートの上に電話を置くとみごとに充電を開始しました。


IMG_0168.jpg


社員が持っている非接触スマホをこのシートの上に置いても充電を開始したので
方式は同じと思います
あとは電話にコネクタなしでこの回路を取り付けることが出来ればベストです
IMG_0169.jpg


但し、ちょっと問題が発生しました
事務所の机の上でテストをしていると電気を送る側のシートが焦げて来たのです
回路が黒く焼けていました
もしかしたら原因は事務机が金属性なのが問題かも知れません
これが一般商品であれば注意書きがありますが
部品販売なので製作サイドが調べるしかありません
まだ予備があるので原因を調べてみます



7月7日、追記
やはりと言うか、会社の事務机が鉄板でした
無負荷で1.5wくらいなのですが、机に置くと5W近くまで上昇します
結果、ICから煙が。。。
家庭で使うときは金属類に注意が必要です

posted by booboo at 13:26| Comment(0) | 試してみました

2014年11月28日

デジタル(液晶)オシロを使ってみた

REGOL(中国製)デジタルオシロスコープを使ってみました
DS1052Eの50MHz帯域です。
4、5万円で買えます
日本のメーカーが代理店販売をしていますがネット販売の方が安い。
でも取扱説明書が基本は中国語、英語。
代理店なら日本語が入手できるが、価格を取るか説明を取るか。
私は価格で行きました。
(実は、商品が届くまで日本語取説があると思っていた)

実際に使って見た感想です。
何よりも軽くて奥行きが無いため、バックに入れて持ち運び出来ます
画面の大きさはアナログオシロと同じです。
デジタルなので測定信号をメモリ上に取り込んで表示するため
アナログオシロの場合表示された時間軸内でしか信号を見ることが出来ませんが
デジタルオシロはpositinを回すとDLAYモードを使わなくても良い
操作ボタンが少ない分、メニュー操作が必要なのでめんどくさい。
他はそんなに違いは見られません
ただ、気になるのは例えば音声信号のサイン波を表示させると
アナログオシロではキレイな線(波形)なのですが
液晶画面では太さを感じてしまいます
つまりノイズ成分が多いような表示。
これは馴れないと感覚が分からないPB217329.jpg

posted by booboo at 12:56| Comment(0) | 試してみました

2014年12月15日

映像、コピー防止信号を調べてみました

地デジのレコーダー出力にNTSCアナログ出力があるので
溜まった番組をパソコンへ取り込もうとしました
するとパソコンに「コピー防止信号が入っています」とメッセージが。
ハイビジョン又はデジタルでは禁止はあるのは知っていたが
こんなアナログ出力までガードしているとは知りませんでした


<オリジナルのビデオ信号>
DSC00807.JPG

この信号をオシロで見ると垂直周期の映像が始まる前に3個(1H内)のコピー防止信号があります。
私はこれを見て、製作者側からすると
もしもノイズが混入して録画が停止するとクレームになります
だから3個あれば防止信号と判断するように作っているのでは?と考えました。
まずこの考えに間違いが無いか実験しました。

NTSCはインターレースなので垂直同期毎に0.5H(水平)ズレが発生します
この処理が面倒なので防止信号と一緒に水平同期も犠牲にして約2Hを削除しました

<その様子がこの写真です>
DSC00816.JPG


意識的に場所が分かるように少し盛り上げています。
取り込む機器がパソコンなので1Hの欠落が画像に影響することはありません。
そして結果はやはり1個削除するだけでコピー防止はキャンセルできました
1個であれば垂直の奇数、偶数を管理しなくても
モノマルチIC一個で垂直から目的のパルスが簡単の出来ます
切り取ってクランプ処理はビデオSWのICでこれも簡単の出来ます

<これが実験した回路基板です>
DSC00817.JPG

あ、。それから個人で楽しむ場合でもコピーしてはならないのは十分知っています。

posted by booboo at 16:54| Comment(0) | 試してみました