2014年12月15日

映像、コピー防止信号を調べてみました

地デジのレコーダー出力にNTSCアナログ出力があるので
溜まった番組をパソコンへ取り込もうとしました
するとパソコンに「コピー防止信号が入っています」とメッセージが。
ハイビジョン又はデジタルでは禁止はあるのは知っていたが
こんなアナログ出力までガードしているとは知りませんでした


<オリジナルのビデオ信号>
DSC00807.JPG

この信号をオシロで見ると垂直周期の映像が始まる前に3個(1H内)のコピー防止信号があります。
私はこれを見て、製作者側からすると
もしもノイズが混入して録画が停止するとクレームになります
だから3個あれば防止信号と判断するように作っているのでは?と考えました。
まずこの考えに間違いが無いか実験しました。

NTSCはインターレースなので垂直同期毎に0.5H(水平)ズレが発生します
この処理が面倒なので防止信号と一緒に水平同期も犠牲にして約2Hを削除しました

<その様子がこの写真です>
DSC00816.JPG


意識的に場所が分かるように少し盛り上げています。
取り込む機器がパソコンなので1Hの欠落が画像に影響することはありません。
そして結果はやはり1個削除するだけでコピー防止はキャンセルできました
1個であれば垂直の奇数、偶数を管理しなくても
モノマルチIC一個で垂直から目的のパルスが簡単の出来ます
切り取ってクランプ処理はビデオSWのICでこれも簡単の出来ます

<これが実験した回路基板です>
DSC00817.JPG

あ、。それから個人で楽しむ場合でもコピーしてはならないのは十分知っています。

posted by booboo at 16:54| Comment(0) | 試してみました

2014年11月28日

デジタル(液晶)オシロを使ってみた

REGOL(中国製)デジタルオシロスコープを使ってみました
DS1052Eの50MHz帯域です。
4、5万円で買えます
日本のメーカーが代理店販売をしていますがネット販売の方が安い。
でも取扱説明書が基本は中国語、英語。
代理店なら日本語が入手できるが、価格を取るか説明を取るか。
私は価格で行きました。
(実は、商品が届くまで日本語取説があると思っていた)

実際に使って見た感想です。
何よりも軽くて奥行きが無いため、バックに入れて持ち運び出来ます
画面の大きさはアナログオシロと同じです。
デジタルなので測定信号をメモリ上に取り込んで表示するため
アナログオシロの場合表示された時間軸内でしか信号を見ることが出来ませんが
デジタルオシロはpositinを回すとDLAYモードを使わなくても良い
操作ボタンが少ない分、メニュー操作が必要なのでめんどくさい。
他はそんなに違いは見られません
ただ、気になるのは例えば音声信号のサイン波を表示させると
アナログオシロではキレイな線(波形)なのですが
液晶画面では太さを感じてしまいます
つまりノイズ成分が多いような表示。
これは馴れないと感覚が分からないPB217329.jpg

posted by booboo at 12:56| Comment(0) | 試してみました

2014年10月29日

金属検知器を作った


tumblr_inline_ne148nx8J61su88wv.jpg
詳細は下記ブログで
http://cimablog.tumblr.com/post/100648548484

金属検知器は市販でも入手できますが
市販タイプは有る無しの判別が多く
それに金属とセンサーの距離はかなり近づける必要がある。
私が今回作った物はラジオの電波が重なるとビート音が出る症状から、
コイルを外に出して電波の周波数の変化を検出する方式です
携帯電話のような大きさは10センチ離れても判断出来る
音の変化で物体の大きさもなんとなく分かります。
部屋の壁の鉄材はまったく問題ない。
せっかくなので
これで何を見つける事が出来るかフィールドテストをやってみたくなりました
ちょうど連休に釣りに行くので浜辺でテストしてみます
普通の土の上では掘り返すのが大変です
砂浜なので、希望はダイアモンドの指輪やロレックスの時計、
金の延べ棒

posted by booboo at 13:41| Comment(0) | 製作してみました