2014年10月07日

電波のはなし


「電波のはなし」

私は映像音響関連の仕事はしていますが
無線とか電波に関しての業務はまったく無いので
これまで知りませんでしたが
ワイヤレスマイクの事を「ラジオマイク」と呼ぶようです。
この周波数は700Mから800M(適当な数値を記入しています)

コンサート会場の外で歌手の声を盗み聞きするのは
このラジオマイクのプロ仕様(A型ラジオマイク)なのですが
(やってはいけません)
これがあと数年で完全に使えなくなるようです
原因は携帯電話の増加でラジオマイクは他所へ引っ越してくれと言うわけです。
700Mあたりへ。
ならアンタ(携帯電話)がそこへ行けば良いだろうと言いたくなります。
けど相手はお金持ち。
ラジオマイクが引越します
引越しに必要な費用は当然、携帯電話会社が持つ。
ドコモやau等4社ほど。
ソフトバンクはパーソナル無線やICタグの電波を奪う(間違い)使用するらしい
これも電話会社が引っ越せと言いたいが、
この携帯電話が新たに使用する周波数を「プラチナバンド」と呼ぶ。
いかにも良さそうネーミングです。
それには理由があります。

そもそもこの帯域は地上デジタル放送を含め、ひしめき合っています
周波数が高くなるとアンテナが短くて済むのでハンディ通信機器にはもってこいの周波数なのです
地デジで400から500Mで15センチ
900、1Gは7センチ、2Gは3〜4センチなので
携帯電話の中にアンテナを収めるにはちょうど良いのです
しかし、現実は都会で使用すると2Gの電波はビルの陰に弱い
その半分の周波数付近がビル影に強くてアンテナもそこそこなので
非常に使いやすい周波数電波帯なのです

衛星と通信する電波は空に遮る物がないので周波数はもっと高くても良いのです
一方でFM放送以下の周波数帯は電波を出す側が長いアンテナが必要なので
移動局には不向きで、すべて固定局が使用しています

さらにさらに周波数が低い周波数は陸上では使い物になりませんが
海中を伝わるようです
潜水艦とかが受けるには良いが潜水艦から電波は出せない
かなり長い潜水艦でないと無理。
そんな訳で現実には使われない
他にデーターを載せる帯域が無いのも理由です
では潜水艦はどのような方式で陸上と通信しているか不思議になります
正解は、
通信に必要な時は海上に顔を出して通信するようです。
「クジラか!!」

(似ている!)
posted by booboo at 17:25| Comment(0) | テクニカル

2014年06月30日

携帯電話(ガラケー)の非接触充電

最近のスマートフォンは充電する時に
いちいちコネクタを差し込まなくてもテーブルに乗せるだけで
非接触で充電が出来る機種があります
たしかにあの小さい穴にコネクタを差し込むのは面倒だし
壊れる率も高くなります
私の電話はガラケイなので、そんな機能はありません。
でもこの非接触を取り付ける実験を行いました

IMG_0171.jpg


薄く作られたコイルと回路がペアで売っていました
私が買ったのは980円
この電気を送る側を書類ファイルに入れて
電話用は手元の材料で携帯電話に合うように加工して回路を入れました
シートの上に電話を置くとみごとに充電を開始しました。


IMG_0168.jpg


社員が持っている非接触スマホをこのシートの上に置いても充電を開始したので
方式は同じと思います
あとは電話にコネクタなしでこの回路を取り付けることが出来ればベストです
IMG_0169.jpg


但し、ちょっと問題が発生しました
事務所の机の上でテストをしていると電気を送る側のシートが焦げて来たのです
回路が黒く焼けていました
もしかしたら原因は事務机が金属性なのが問題かも知れません
これが一般商品であれば注意書きがありますが
部品販売なので製作サイドが調べるしかありません
まだ予備があるので原因を調べてみます



7月7日、追記
やはりと言うか、会社の事務机が鉄板でした
無負荷で1.5wくらいなのですが、机に置くと5W近くまで上昇します
結果、ICから煙が。。。
家庭で使うときは金属類に注意が必要です

posted by booboo at 13:26| Comment(0) | 試してみました

2014年06月06日

第11回、アナログ電圧を測定する

スマートリレーにはアナログ電圧入力があります
特定の電圧の時に回路を動作させる時に使用します

今回は私が以前に製作した電池の耐久テストを紹介します
実際の回路はもっと多くのブロックがありますがここでは最低必要な回路を記載しています

無題.jpg
アナログ電圧(電池)はAIに接続します
B1ブロックは指定の電圧になれば出力を出す回路です
今回は電池が1VになればB1から出力が出ます
B8ノイズカットは無くても理論的には良いのですが
実際の電池は電池の接触不良がけっこう多いのです
これらのほんの一時的に電圧が下がったのを無視する回路です
もう少し言うと5秒以内なら電池交換も可能です。

この回路は電池が1Vになればカウントを停止します
よって図面下にあるアナログ電圧調整をMAXにして電池が疑似的に接続されているように設定します
その後、スタートSWを押すとB6がパルス発振を開始。
1秒パルスなので波形設定は0.5秒にします
B7は秒数カウント、B5は分カウントです
なので6時間は360と表示されます
Mを使用している大きな意味はありません
Mを介するとランプ信号の表示観察に便利です。

本実験では1VがB1のブロックパラメーター設定では202になりました。
図はシミュレーションを行って、電池レベル(ブロックレベル)1000から徐々に下げて188に低下した状態で
カウント停止した状態
(厳密には202)

電池の消耗テストでは電池の負荷として豆球を付けました
目的は100均の電池と一流メーカーの電池ではどれくらい違いがあるのか?
ここでは目的が違うので結果は記載しませんが
100均電池は頑張りました。



posted by booboo at 16:20| Comment(0) | LOGOi(スマートリレー)